▲ページTOPへ

集客も頑張っている
客数も増えている
なのに売上は増えない・・・
そんな美容室経営者のあなたへ

今の美容室経営に
必要な3つのこと


①収益を取れる高単価メニューを作り

②定期的に美容室を利用する美意識お客さんだけを集客し

③そのお客さんに何回もお店を利用してもらうこと

このことを理解し実践をすることで、お店規模によって違いはあるものの売上は増えていきますし、安定して落ち込むこともありません。

他店を気にすることもなくなります。

1店舗でも年収800万~1000万円を確実に稼ぐことができるようになるので、金銭的に苦しむことがなります。

それは精神的にも安定できる豊かな美容室経営が実現するということでもあります。

上記の3つの実践の先にあるのは美容室の高収益化です。
高収益と言うのは高い利益率、利益率とはで単価です。

つまり利益率・客単価の高い経営を目指すことが、小規模美容室に必要なことなのです。シンプルなのは最初から単価の高い優良顧客を集客することです。

美容室の全国平均単価は6000円くらいですので、最低でも10000円以上で集客していくことが前提で必須です。

適正価格で安定的に新規のお客さんを獲得することで、高収益な美容室になり、豊かな生活を実現してもらうことを目的にしたのが美容室集客アカデミー・BSAです。

BSAでは、参加した方たちがノウハウを実践し、 着実に単価10000円の集客を成功させ、売上・利益を伸ばせるように、 人間のスキル定着化プロセスに則って、サポートをしていきます。

このようなことで
悩んでいませんか?

忙しく働いているのに月末お金が残らない・・・

 

新規のお客さんは来ているけど再来店してくれない・・・

来るのはいつも安い単価の人ばかり・・・

クレームも多い・・

広告費の負担ばかり増えていき正直辛い・・・

単価を上げたいけど不安・・・

 

初めましてこんにちは。田中佑介と申します。

美容業界は休みも少ない、給料も少ない、大変な仕事、というのは百も承知で私もこの業界に飛び込んできました。

いつか自分のお店をもって、理想の幸せを実現したい、、、!!
そんな気持ちがあったからこそ、営業時間以外の朝早く、
夜遅くの練習も頑張れました。
 
どんなに疲れていても、
練習することを辛く感じたことはありません。
 
技術を磨き、コンテストにも積極的に参加し、 業界からも多数の受賞をいただくことができたのも、 私が美容師の仕事が本当に好きだからだと思っています。


私は開業前に新店オープンの経験もあり、今の時代は独立してもそう簡単にいかないことは何となくわかっていたつもりです。
 
慢心しないこと、と自分にいつも自分に言い聞かせて、夢の開業にために頑張ってきました。
夢だった自分のお店が完成し、家族に披露できたときは本当に嬉しかったです。

必要だと思ったことは勉強してきていたのと、 自分はここまでちゃんとやってきたという気持ちがあったので、 後はお客さんを綺麗にしてたくさん増やしていくだけだと気合十分でした。

2015年5月9日、奥さんの誕生日をオープン日に決めて、 始まった夢の開業オープン

勉強してきたこと、それまでの努力が実り、オープンから予約の電話が鳴りやまず、最高のスタートを切ることができました!!

 、、、、はずでしたが

そんな開業前に見た夢とは、似ても似つかぬ無残なスタートになり、 夢から地獄に突き落とされたスタートになりました。。。

開業初月の売上は20万円

4日間予約の電話が鳴らず、
電話が壊れているんじゃないかと疑い、 
自分のスマートフォンから何度もお店に電話を掛けました。

その4日間、お店に来てくれたお客さんは0人、
独立前は毎日コンスタントに8名ほど担当していた私からしたら、 美容師人生の中でこれほどの屈辱というか絶望を感じた事はありません。

未来を夢見ての独立開業から一転して、 現実を突きつけられ、私は鳴らない電話を見ながら、 鳴ってくれ鳴ってくれと何度も呪文のように心の中で呟いていました。

もちろんのことではありますが、売上0円でも営業はしていました。

お客さんがいないお店の中でスタッフと2人で過ごす時間は、静かすぎてまるで社会から見捨てられた、存在しない、そんな寂しさと不安がありました。

やっと来てくれたお客さんも私の前職の時のお客さんで、純粋な新規の来店ではありませんでした。

この画像は開業初月の5月毎日の日計売上の数字です。

17日から24日までの客数は3名で、そのうちの2名が私の前職からのお客さんです。

ということは

この間に純粋に新規にお店に来てくれたのは1名だけ、というのがお分かりいただけるかと思います。

どんなに前向きな私でも

景色は白黒になり、食事が喉を通らなくなりました。食べてもないのに何度も吐きました。

電車代を節約しようと毎日歩いて帰る途中道、一人何度も泣きました、涙が止まらないんです。家族に心配かけたくないので、家の扉は笑顔で開き、そのままお風呂に直行していました。

あの時の悔しさ、情けなさを忘れることはできません・・・。

何もしていなかったわけではないんです。

勉強していたつもりですし、できることは自分なりにやっていたつもりです。

だからなお、起こっている現実が理解できませんでした。

そんな中でも、

来てくれた数少ないお客さんを、一生懸命綺麗にして、大切にすること。

それを積み重ねることが大切だと信じて一生懸命頑張ってたのですが、、、

 

「まだ来ないお客さんのことばかり考えるのではなく、

今来てくれる目の前のお客さんをもっともっと大切にしよう」

 

「割引カードとかないの?どこでもやってるわよ。」

と言われ、これまでの美容師としての経験は一体何だったのかもわからなくなりました。

開業に向けて夫婦でコツコツとお金を貯めてきました。

その通帳からはいきなり80万円以上が消えました。例えようのようのない不安と恐怖に、体と精神が支配されていきます。

でも一生懸命頑張っていればきっと大丈夫。

自分は良い仕事をしている。

良い仕事を喜んでもらえればお客さんはまた来てくれる。

お客さんが増えれば売上も増えるから、減った分はすぐに取り返せる。

そう信じて頑張っていましたが、

給料は半年間0円。0円どころかマイナスだらけ。取り返すきざしもなく通帳残高は減っていくばかり。

2人で何年も頑張って貯めてきたお金が減っていくのは、本当に寂しくて悔しくてたまりませんでした。

当時は下の子供が生まれたばかりで、早く帰りたいけどこんな状況で早く帰ることもできず、子供も奥さんも楽しみにしていたはずのお友達家族と計画していた旅行も

「今そんな余裕ないよ」と断らせてしまいました。

それ以来、家族と会話の無い日が何日も続いていきます。

そしてある朝、まだ子供たちも寝ている時間に家を出ようとして、靴紐を結ぼうとしゃがんでいた時、起きてきた奥さんの

「いってらっしゃい、頑張ってね」

の一言に、パンッと何かがはじけ、涙が止まらなくなりそのまま玄関で立てなくなってしまいました。

頑張っても頑張っても増えない売上、待てども待てども来ないお客さん。
精神的に限界だったんです。

奥さんも心配しいてくれていたんだと思います。

そんな私の姿に

「節約するから・・・」

と泣きながら言ってくれたのですが、これが本当につらかったです。

節約させるために独立したんじゃない!!

豊かになって幸せになりたくて独立したんです。

それなのに節約なんて・・・

それを言わせてしまった自分が許せませんでした。

とにかくもう、待っていられない
本当にどうにかしなくてはいけない

と思い、なんでこうなっているのかを考えるために、 これまでの学んできた経緯を振り返ろうとしたとき

最悪の状況を劇的に変えるきっかけとなる、重要なことに気が付きました。

「まだ来ないお客さんのことばかり考えるのではなく、

今来てくれる目の前のお客さんをもっともっと大切にしよう」

そこから変化が起こり始めます。

もちろん、私は現場で働く現役の美容師ですから、ちゃんとやっているつもりではいましたし、来てくれたお客さんを大切にしていたつもりです。

でもそれではお客さんが来ないし、再来店してくれないのです。

売上も増えずお金も残らない、家族とも一緒の時間を増やすことができない。

夢見た美容室経営からどんどん遠ざかっていくのです。

そして精神的に追い詰められ限界を超えたとき

 

私が考える「お客さんが喜ぶこと」に対する捉え方・考え方、それ自体が間違っているのではないか?

一生懸命に頑張っている努力そのものがも間違っている。

学んできたこと、やっていることが間違っているのではないか?

 

ということに気が付きました。

私が信じてきていたこと、当たり前だと思っていたこと。

それが今の最悪の状況を作っているのかもしれない・・・。

それは美容業界で当たり前と考えられているたった3つのことでした。

だから私がやったことは、私自身が信じていた常識。まずその3つのことをやめることでした。