単価アップ

価格設定は仕事が楽しくなるように

私が美容師になった動機と、なってみて感じたこと

【価格設定は仕事が楽しくなるように】

 

おはようございます!

 

新規開店や、新店舗オープン、新メニュー導入などの時に悩むのが、価格の設定です。

 

どれくらいの価格が良いのか?

どれくらいだと受け入れてもらえるのか?

 

価格を決める要素は

 

ターゲット

地域属性

原価

 

など他にもいろいろなものがあります。

 

私達のような小規模店舗が気を付けなくてはいけないのは、安易に安く設定しないことです。

 

客数を集めようと「半額」のような過度な割り引きをしているのをよく見ます。

割引で来店した人が正規の価格で再来店してくれることってほぼありません。

 

と、なると、いつまでも新規の集客にエネルギーをかけなくてはいけなくなります。

 

私も経験がありますけど、割引で集客しているときの仕事って楽しくないんですよね。

 

どうせ半額だし、みたいな感じがあって

最初から期待されていないような感じで張り合いがないんです。

 

だからといってあまりに高すぎて売れなくてもいけません。

 

そのバランスが難しいところでもあるのが価格設定ですよね。

 

 

でもね、実際その価格が良いのかどうかは始めてみないとわからないわけですよ。

 

だったら自分が仕事を楽しめる価格を考えてみてはいかがでしょうか?

 

それをどうすれば売れるようにするのかを考えていき、価値を感じて必要としてくれるお客様に提供していったほうが良くないですか?

 

そのほうが仕事が楽しいです。

 

仕事が楽しめる価格設定を考えていきましょう。

そして、売れるようにその商品・サービスの魅力がどうすれば伝わるのかを考えていきましょう。

 

注意点としては

サロンの成長には段階があるので、現状のサロンの経済状態を把握したうえで、適正な価格を決めていくのが大切です。

 

仮に今が、一人当たり売上40万円くらいの場合だとしたら、今必要なのは圧倒的に客数です。

その場合、高額設定はサロンの状況とミスマッチします。

資金的に大丈夫な場合はそれでも良いかもしれませんが、まず客数を増やしたいというのであれば、地域の相場に乗っかるのも一つの戦略です。

 

 

そういった感じで、サロンの状況を踏まえ、決めていきましょう。

 

 

今日も1日頑張っていきましょう!

 

 

 

 

 

『期間限定・高単価優良顧客をWeb集客で自動化プログラム』

期間限定です!!

最新投稿
関連記事