新規客増加

来店率を高めるライティング術その2

ーーー今日のお話しーーーーーーーー
来店率を高めるライティング術その2
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
最近の私の活動はネット集客の見直しと
新しい集客テンプレートのテスト準備です。

集客するためのページを新たに作っています。

チラシを作る要領と同じでページを作りますが
ネットは文章量は無限なので情報をふんだんに盛り込めます。

だからいつも私は長くなってしまいます笑

長くても伝えたいことが伝われば良いので
気にしていませんが時間がかかりすぎないように
参考となる文章は他の文献などから探し
自分で考えるのを極力少なくするようにしています。

簡単に言うとパクります笑

それが一番早いです。

ですが
それで集客できるページができるかというと
そういうわけではありません。

チラシなどでもおなじです。

「同じように書けば集客できますよ!」

そんな簡単なら苦労はしませんよね。

前回はまずは読んでもらうための
冒頭の投げかけについてをお話ししました。

具体的な一人に対して限定的に呼びかけ
その人に必要な情報だと認識してもらうことを
前回お伝えしました。

販促物の最終目的は行動の促しです。
美容室の場合は来店してもらうことですよね。

あなたの文章を読み
魅力を感じ行ってみたいと思ってもらうこと

これを意識するのですが
これがどこかから単にパクってきたものだと
共感を得られないので上手くいきません。

そこで必要となるのが
あなたやお店・スタッフ・お客さんなどの
パーソナルな情報です。

特に

・仕事に対する姿勢や考え方
・気持ちや感情や情熱
・それを選んだ理由

などのエピソードは読み手の共感を得られます。

人は物語に惹かれるので
読み進めたくなります。

中でもお客さんのエピソードは

「同じうようなお客さんが利用している」

と来店の敷居を下げるのに効果的です。

それは
あなたのお店にしかないオリジナルになります。

そこに共感をしてもらえることは
来店につながりやすく
来店した段階ですでにファン化していますので
再来店もしやすくなります。

共感を促す書き方のポイントは
主語を

「お店」や「私」

ではなく

「あなた」「お客さん」

で書くことです。

当店は・・・
このカラーは・・・
この商品は
当店のトリートメントは・・・

このような書き方は売り込み感が強く
共感を促す文章にはなりません。

「あなた」「おきゃくさん」

が主語になると

(あなたの)髪が綺麗になります。
(あなたの)問題が解決できます。

となるので共感を得やすくなります。

そしてさらに

料金や時間
予約方法

など

お客さんが疑問に思うことをすべて
明確に開示しておくことで
さらに来店を後押しできます。

細かい文章の表現は他から参考にしても良いですが
実際の内容はあなたのお店独自の
パーソナルな情報で書き込んでいくことが
お店に好感・興味をもち来店に繋げるポイントです。

意識してみてくださいね(^^♪

それではまた!

美容室集客アカデミー・BSA
田中 佑介

『期間限定・高単価優良顧客をWeb集客で自動化プログラム』

期間限定です!!

最新投稿
関連記事