単価アップ

集客の効率を上げる方法

おはようございます!

 

 

昨日二回目のワクチン接種してきました。

 

現在37.7の微熱があります。

肩は痛いですがだるさや倦怠感は全くありません。

 

 

やっぱり多少の副反応はあるみたいですね~

あなたも接種の際には気を付けてくださいね(^^♪

 

 

 

今日はゆっくり自宅で仕事をします。

 

 

今僕は美容室を経営していて

現場にも立っている傍らで

美容室集客アカデミーBSAの主催や

訪問コンサルティング活動をしています。

 

 

店舗以外でも売上を作っている状態で

インターネットの活用がメインです。

 

 

パソコンやスマーフォンがあればどこでも仕事ができます。

 

 

美容室経営は

売上を増やそうとした場合

スタッフを増やしたり

営業時間を増やす必要があるので

事業としては効率が悪いとお話ししました。

 

 

人口減少は進んでいくので

お客さんの増やすのもスタッフを増やすのも

大変になっていきますので

副事業では効率の良いもの選ぶのが良いともお伝えしました。

 

 

これは副事業展開だけのことではなく

店舗の運営でも同じことでもあります。

 

 

例えば日々の売上集計など

毎日手書きで計算しているなら

専用システムを使えば一瞬で終わります。

 

 

システムの利用手数料がかかっても

計算にかかる時間を集客にまわし

手数料分以上に売上を増やせばよいです。

 

 

 

集客も効率をあげるのは

インターネットの活用ですが

これがいまだにホットペッパーが一強なのは

経営者の勉強不足が要因にあるとしか言いようがありません。

 

 

インターネットの集客が苦手な美容室の代わりに

ホットペッパーがそれを代行している形になっています。

 

苦手なところ、隙間に入られているわけですね。

 

 

ホットペッパーは集客もできるので

活用自体が悪いとは言いませんが

店舗の経営の効率を上げようというのは

少ない力で収益を最大化しようということです。

 

 

そうなると客単価を上げることが最優先となりますが

1万円以上の単価を狙う際にはホットペッパーだと

掲載費と集客数のバランスが崩れ

費用対効果が著しく下がることがほとんどです。

 

 

 

ホットペッパー単体で単価を上げようというには

地域やお店の状況によっては無理があります。

 

 

では店内の販促で単価を上げようとしても

7000円のお客さんを倍の14000円に成長させようというのは無理ですよね。

 

 

頑張れば頑張るほど失客します、、、笑

 

 

集客の段階で目標に見合った単価のお客さんを取り込むべきです。

 

 

ホットペッパー単体だと難しいなら

その他の集客を掛け合わせる必要があります。

 

 

アナログですがまずはチラシ

インターネットでは必須なのがホームページの存在

媒体ではグーグルマイビジネスといったところです。

 

 

Line公式アカウントもツールの活用として用意しておくと便利です。

 

 

チラシを見る

ホームページを見る ⇒ Lineや電話で予約

ホットペッパーから予約

 

 

このような導線を作ります。

 

 

「どこか美容室を探そうかな・・・」

 

 

ではなくて

あなたのお店を直に検索させる状態を作るのですね。

 

 

ある程度の単価でもこの状態が機能すれば

集客は難しくないですし

ホットペッパーのプランを最低や無料にしても集客ができます。

 

 

この場合あなたがやることは

チラシを配布するだけです。

 

 

効率を上げるとはこういったことを言っています。

 

 

店内の業務や集客は効率を極限まであげて

来店したお客さんには非効率的でも丁寧に対応することで

売上は加速的に増えていきます。

 

 

 

最初は大変だったりするんですけど

そのための努力以上に見返りは大きいですよ(^^♪

 

 

頑張って効率を上げることを意識してみて下さい。

 

 

 

それではまた!

 

 

田中 佑介

会員制グループ美容室集客アカデミー・BSA

クリックすると詳細を確認いただけます。

最新投稿