客単価収益性向上

集客に必死になってはいけない

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
仕組みと集客で利益重視の美容室経営
1店舗が6か月で売上135万円アップ
好きな時に休める美容師ライフ
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
おはようございます!
盛店研究所の田中です(^^♪

一昨日ホットペッパービューティー集客代行に
お申込みの方と電話打ち合わせがありました。

いつも静かな場所で電話打ち合わせをするのですが
昨日は出先だったのもあり
急きょカラオケボックスに入りました。

人生初の一人カラオケです。

歌いませんでしたけど(笑)

自分でカラオケボックスに行くなんて
20代前半以来なような感じで
なんとなく懐かしい感じがしました。

今度家族で行ってみようかと思います(^^♪

ーーー今日のお話ーーーーーーーーーー
集客に必死になってはいけない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

客数 × 客単価

が売上の講師で
客数を増やす実践は多数ありますが
美容室においてはシンプルに
再来店の仕組みを作り
広告投資をして集客することです。

そして顧客リスト(カルテ)を増やしていきます。

リストというのはお店の資産です。

江戸時代の頃の商人は
火事が起こった際には
まず顧客台帳を井戸に投げ捨てたそうです。
(水に濡れても文字が消えないようにこんにゃくのりで加工していたそうです)

お店が燃えても
顧客情報さえ失わなければ
商売ができるからですね。

リストが増えていけば
葉書DMやニュースレター
キャンペーンなど
売上アップのための実践ができるようになります。

美容室の場合
来店時にカルテに個人情報を記載してもらうのが
業界の常識なので

顧客リストを増やす=集客実践

です。

新規の客数が増えれば
その増えた分売上は増えますけど
実際にお店の累計売上を増やしていくのは
新規で来たお客さんが再来店することです。

なので
ちゃんと再来店していれば
新規の受け入れ自体が
だんだん難しくなってくるはずです。

そこでしっかり利益を確保できていれば
新規集客にかけたコストは減らしていけるので
更に利益が残せます。

これが美容室の正しい売上・利益の増え方です。

美容室の相談でもっとも多いのは
集客についてですが
実は本当の問題は集客ではないことがほとんどです。

集客を頑張らないといけない状況
それが続いていること自体に問題があり
解決策もそこにあります。

新規の集客は大事ですが
私たちの仕事は再来店のお客さんが
売上の80%を占めているはずなので
大切にするのは
再来店のお客さんなんです。

「どうしたら新規の人が来てくれるのか?」

ではなくて

「どうしたらもう一度来てもらえるのか?」

です。

そのことを常に対策していくと
新規の集客への意識は少なくなっていきます。

今集客に必死になっているのであれば
再来店に必死になれば
集客自体の問題も解決されます。

あなたならできます!
頑張っていきましょう!

田中 佑介

ーーーお知らせーーーーーーーーーーーーーー
インターネットが苦手なあなたに代わり
サロンのインターネット集客の柱を作る
ホットペッパービューティー集客代行

クライアントさん事例
・代行開始から1か月でホットペッパービューティーからの集客単価が1500円アップし、ホットペッパービューティーからの売上が30万円アップ

・掲載開始から予約が1度もなかったところ、代行開始からわずか10日で24800円のメニューの予約を獲得。その後も定期的に予約を獲得できています。

8月まで定員となっています。
現在9月を募集しています。

9月→1社のみ
8月→満員
7月→満員
6月→満員
5月→満員
4月→満員
3月→満員

hairsalonlabo.com/hotpepperdaikoutanaka