新規客増加

費用を最小限に抑え、集客数を増やす2つのポイント

【費用を最小限に抑え、集客数を増やす2つのポイント】

 

おはようございます!タナカです(^^

 

日ごろから、コストも少なく、成果が出やすい再来店対策から取り組んでいくことを、よくお話しています。

 

直接相談いただく方にももちろん同じです。

でもそれだけでは、お店の成長はしていきません。

  

やっぱり新規のお客様は必要です。

逆に言うと新規の集客で、毎月着実な来店があるのであれば、お店って潰れることはありません。

 

でも、新規の集客ってお金がかかります。

そこで今日は、新規集客で費用を最小限に抑え、効果を最大化するための、ポイントを2つお話します。

 

 

    自分のお店に今すぐ来る可能性が高い

ターゲット像、来てほしいお客さん像を

具体的に決めること

 

 

    その人にだけ確実に届くように広告を出すこと

 

 

 

この2つです。

 

「そんなことはいつも聞いているからわかっているわよ!」

 

このように思う人がいるかもしれませんね(^^

でもとても重要なことなので、改めてもう一度確認していきますね。

 

まず①についてですが、多くの人は集客を行う時に、この理想のお客様像を

「こちらの思うがままに」

つまり好き放題決めてしまうことがあります。

 

どういうことかというと、例えば理想のお客様が

 

「白髪に悩む30代女性」

 

だとしたときに、そのお客様っていうのは、あなたがこれまで出会ってきた白髪に悩む30代女性の中でしかイメージすることができません。

人は経験したことしかイメージできないので、そのお客様はあなたの常識の中で出来上がってしまうのです。

 

それが間違ってるわけではありませんが、その理想のお客様がお店の状態や、お店を取りまく地域の環境や周辺の人口数、世代人口数などとマッチしているかどうかが、店舗型の来店型ビジネスではとても大切なことです。

 

ここがミスマッチすると、集客に非常に苦しむことになります。

理想のお客様というのは、エリア分析をしっかりしたうえで考えていくことをお勧めします。

 

お店を出店するときもまずはここから始まります。

 

大事なのは作りたいお店のイメージよりも、その地域でどのように必要とされる形を作るかです。

 

私たちは仕事の性質上、すでに売るもの・サービスが決まっていますよね。

 

そして、すべてをその延長で考えることしかできないまま、出店をしたり新規開拓をしようとしてしまいます。

 

 

当たり前のことのように思うかもしれませんが、それまで他で良かったことが、同じようにその場所で成功するかはわからないわけです。

これって結構リスクが大きいんです。

 

 

まずはその場所でどのようなことが必要とされていて、どのようなお店が喜んでもらえるのかを分析し、仮説を立てる。

それが正しい理想のお客様のイメージの仕方です。

 

 

その材料は多ければ多いほうが良いです。

エリアの人口統計は区役所ですぐ出してもらえたり、地域によってはネットで簡単に確認できます。地域の不動産物件の値段なんかも結構参考になりますよ。

 

 

そして日ごろから言っていますが、再来店の仕組みを整え、新規の集客に取り組んでいくことで、その集客自体の効果を高めることが可能になります。

 

 

今日のことはとても大切なことだと私は思っています。

 

 ちょっと長くなったのでもう一つの

「その人にだけ確実に届くように広告を出すこと」

は次回お話していきますね。

 

 

 

それでは今日も1日頑張っていきましょう!

 

 

 

タナカ ユウスケ

 

 

 

 

 

『期間限定・高単価優良顧客をWeb集客で自動化プログラム』

期間限定です!!

最新投稿
関連記事