新規客増加

人がモノを買う最大の理由

私が美容師になった動機と、なってみて感じたこと

「人がモノを買う最大の理由」

 

を知ってしますか?

 

・・・・・

 

この質問をすると、

 

・前から欲しいと思っていたから

・お金を出してでも欲しいと思えるモノだから

・自分にとって必要なモノだから

 

など、色々な意見が出ると思います。

 

たしかに人によってほしいものも違うし、それを買いたいと思う動機も人それぞれです。

 

でも、実は人がモノを買う時には、必ずある“共通の意識”が働いています。

 

 

 

それは、

 

 

 

「人はその商品やサービスを買うことで、何らかの要望を満たしたい、悩みを解決したい」

 

 

 

ということです。

 

例えば、

飲食店にご飯を食べに行く人の場合は、そのお店にあるメニューが食べたいというよりは、

 

「そのお店で友人と楽しい時間を過ごしたい」

「良い雰囲気の店でデートを楽しみたい」

「それを食べたことで得られる満足感を得たい」

  

と、そのお店を使うことによって得たい要望があるんです。

 

 

美容室の場合でいうとどうでしょうか?

 

私もそうですが白髪があることで

 

「人前にでるのが嫌になる」

「老けて見られる」

 

などの悩みが出てくるわけですよね。

綺麗に染まるとその悩みが解決されるんですね。

白髪を綺麗に染めるというのは、ただ事実を語っているだけなんですよ。

 

 

つまり、あなたのサロンのお客様も、あなたの売っている商品が欲しいのではなく、

 

『あなたの商品によって得られるご利益が欲しい』

 

と思っているのです。

 

世の中の売れている販促物は、すべてお客さんが望むご利益を提示しています。

 

 

思わず「欲しい」と反応させることができる販促物とは、

 

「ターゲットが求めているご利益を提示している」

 

販促物だということです。

 

 

それがチラシであろうが、雑誌の広告であろうが、ホームページであろうが、ブログであろうが、媒体自体が違っても共通して言えます。

見込みとなるお客様が求めているご利益を提案した時、お店に来店してくれるようになるのです。

 

 

 

ひたすら商品の説明ばかりしている販促物を見ても、ご利益が伝わらなければ

 

「ふ~ん」

 

と特に響くこともなく終わってしまうのです。

 

 

 

繁盛しているお店はみんな販促物で、自分の商品の良さだけでなく、

 

「それを買うことで得られるご利益」

 

をきちんと伝えています。

 

 

それが上手く伝わったとき、お客様はお店にやって来るのです。

 

 

 

この部分を押さえて、お店のチラシや広告、ホームページなどの販促物をもう一度見直してみてください。

 

今日も1日頑張っていきましょう!

 

 

田中 佑介

『期間限定・高単価優良顧客をWeb集客で自動化プログラム』

期間限定です!!

最新投稿
関連記事