再来店アップ

収束後の盛り返しのために絶対に外せないこと

こんにちは!
田中です。

昨日の夕飯は
いい加減おうちごはんが飽きたということで
(私が作るのしんどかったので)
新百合ヶ丘近隣でテイクアウトを買ってきて
お家で外食ご飯でした。

いくつかの店舗をはしごして

餃子
ハンバーグ
ゴルゴンゾーラのペンネ
トマトソースのペンネ
コロッケ
焼き鳥

を買いそろえました。

いろいろ買ってみたら
1万円くらい使っていました汗
しかも野菜が一切無し笑

お店にもよるのかと思うのですが
テイクアウトってお店で食べるより
高いんですかね?

なんとなく相場観がわからないですけど
収束後に家族みんなで行けるのを楽しみに
おいしくいただきました(^^♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
美容室が高収益化する集客を学べる会員制グループ
美容室集客アカデミー・BSAが
初月500円で参加できます。

hairsalonlabo.com/partner/bsa/

5月のセミナーは

【売上・利益アップを加速する90%越えの再来店対策法】

4月30日までの参加お申込みで

「高収益美容室の高単価・利益アップ実践術」

のセミナー動画も受け取れます。

コロナ収束に向けて
前のめりに学んでいきましょう!

ーーー今日のお話しーーーーーーーー
収束後の盛り返しのために絶対に外せないこと
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日は私の最も苦手である
書類作業に着手しました。

スタッフの休業に伴う
雇用調整助成金の申請手続きの書類の準備です。

苦手なものですから
集中できないし眠くはなるし
はかどらないし
なんやかんやで3時間くらいやっていました。

そして終わってみて思ったのが

「これは自分でできるな」

です。

時間がかかること
できないことは
それをできる人に任せてしまったほうが
私はよく言いますが
その際には

まったく知らない状態で任せるとの
知ったうえでまかせるのでは
任せるうえでの効率が全然違います。

だから一度は自分で
やったほうが良いというのが私の前提です。

で、雇用調整助成金を準備をしてみました。

後はスタッフに判をもらって提出するだけです。

これがちゃんと通るかは送ってみないとわかりませんが
不備があれば戻ってくるか連絡があるはずなので
まずは出してみるかという感じです。

これは自分でできるし
小規模ならそんなに手間でもないです。

特異な人なら1時間くらいでできると思います。

こういったことも経験だと私もやってみましたけど
苦手だしやっぱり嫌いです。

しかも今は質問しようにも
電話がつながりません笑

だから先に出そうと思います。
また経過は追ってお知らせしますね!

さて、ここ数か月コロナな毎日が続いています。

忙しくて休めない日は何度も経験してきましたが
休まなきゃいけないのかどうかを考えることは
私も初めての経験です。

ゴールデンウィーク明けの宣言解除を目標に
政府の対応はどんどん強化していっていますね。

まだ長引くかもしれませんが
今私たちが考えるべきことは

・営業の仕方
・店内でのコロナ対策
・既存のお客さん対応
・スタッフの対応
・融資、助成金など資金繰り
・休業する場合の対応策
・終息後の対応策

です。

本来ならゴールデンウィーク前は
忙しくなるものですが
減っていく予約に落ち込んでいる暇はありません。

常に前を見て先手先手です。

私も今回のコロナショックの影響の長期化を見越して
BSAのセミナーテーマを一部変更しました。

本来なら5月は集客についてを
お伝えしようと思っていたのですが
今それは適切ではないと判断し
同じ客数アップでもある
再来店増加対策をテーマにお伝えします。

今回の収束後
いきなりお店の売上が以前のように戻ってくるかどうかはわかりません。

ですがそれをいち早く
良い状態にしていくうえで
既存のお客さんへの再来店対策が重要になってきます。

再来店対策といっても仕組みや販促に加え
お客さんとの距離感です。

予約を例にお話ししますと
いつもは電話が鳴って
その電話を取り
お客さんの希望の日時を確認して予約を確定する。

こんな流れですよね。
特に珍しくもない普通のことです。

この

「お客さんの電話を待つ」

これだと収束後
予約が集中して戻ってきたとき
予約枠に空きが少なくなる
状態では希望通りに受けきれないので
希望通りに対応ができないと私は考えています。

なので

「こちらから連絡をする」

まずここが対策できます。

手っ取り早いのはまず電話です。

最初は慣れないし
お客さんも驚くかもしれませんが
すぐになれます。

しかも電話をもらってイヤだなと思う人は多分いません。

「収束後に予約が込み合う可能性が高いので、
今予約を取っておいて良いですか?」

みたいな感じで予約を促して
今から予約を埋めていくことができます。

もちろん今日来たお客さんにも
直接お話しするのが良いです。

「お知らせしますのでご安心ください」

と言っておけばお客さんも安心です。

そして一週間前くらいに
はがきや電話などでお知らせして確認すればよいのです。

Line公式アカウントも有効ですね。

予約を埋めるのもありますけど
お客さんとの距離を縮め
関係性を深くすることを意識してほしいと思います。

それはお客さんにとっても良いことです。

再来店対策で意識するのは
仕組みと販促とお客さんとの距離と深さです。

それが毎月安定した売上で
中長期にわたりお客さんが長く通ってくれる
高収益美容室への道です。

ピンチをどのようにチャンスに変えていくか?

是非考えて実践していきましょう!

応援しています!!

田中 佑介

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
美容室が高収益化する集客を学べる会員制グループ
美容室集客アカデミー・BSAが
初月500円で参加できます。

hairsalonlabo.com/partner/bsa/

5月のセミナーは

【売上・利益アップを加速する90%越えの再来店対策法】

4月30日までの参加お申込みで

「高収益美容室の高単価・利益アップ実践術」

のセミナー動画も受け取れます。

コロナ収束に向けて
前のめりに学んでいきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『期間限定・高単価優良顧客をWeb集客で自動化プログラム』

期間限定です!!

最新投稿
関連記事