単価アップ

値上げしないで単価を上げる方法

【値上げしないで単価を上げる方法】

おはようございます!!田中です(^^

 

 

新規の集客に次いでよく出るお話が、サロンの単価についてです。

単価が上がるとサロンの利益率が上がります。私のサロンのような小さなサロンが、開業時に悩んだのは新規の集客のことよりも、この単価をどれくらいまで持っていけるか持っていけるのか?でした。

 

 

POPで商品購入を促す

・セットメニューを作る

・最初から単価の高いお客様を集客する

 

 

など単価アップの対策はたくさんあります。

簡単で代表的なのが店内POPで商品の購入を促したり、施術のプラスメニューを促すことです。

 

地味な感じがしますけど、紙とペンさえあればすぐできて、成果がでやすい着実な取り組みです。

 

POPを始めると伝え方の練習にもなるので、販促を始めて取り組むという方は、POPの作成から始めていくことをお勧めしています。

 

 

他にも高単価メニューを作ることも効果的です。

作るといっても新しいメニューを導入するということではなくて、既存のメニューをセットにしてしまうだけでも単価を上げることはできます。

 

 

集客においても、最初から高単価のお客様に狙いを絞り、その方に再来店いただくことでサロンの単価は上がっていきます。

 

 

このほかにも色々ありますが、どれも今の状態に何をどのように増やしていけばよいのか、を考えた対策が多くあります。

 

取り組むことで単価はあがっていきますので、いろいろ対策してみると良いと思います。

 

もう一つ、少し違った角度からの考え方で

 

1時間当たりの単価を上げる」

 

ことがあります。1時間当たりの単価を示す数字で時間単価とも言ったりします。

 

美容室ってお客さんの滞在時間が1時間とか2時間とか、割と長いのですよね。

だからこそお客様と密なコミュニケーションが取れたりします。これって美容業界の特徴でもあります。

 

計算方法は単純に、金額を施術にかかる時間で割るだけです。

 

例えばカット+カラーであれば、2時間から2.5時間くらいの滞在でしょうか。

その場合の料金を滞在時間で割ると1時間当たりの単価が出ます

 

 

施術料金÷滞在時間=1時間当たりの客単価

 

です。

料金が10000円だとして、2.5時間の滞在なら、1時間当たりの単価は4000円です。

 

先ほどのPOPなどの対策は、お客様からいただく料金を増やすことで、1時間当たりの客単価を増やす実践です。

 

施術料金÷滞在時間+単価アップ対策=1時間当たりの客単価

 

こうなります。もちろん一つの有効な方法です。

でも、この時間単価を考えていくと、お客様の滞在時間を減らすことで、1時間当たりの客単価を上げることも可能になるんです。

 

 

カット+カラーで2.5時間が2時間になったら、料金が10000円だった場合1時間当たりの単価は5000円です。

2.5時間よりも20%アップの1000円高くなります。

 

 

この考え方が理解できると、無理に料金を上げなくても売上は増やすことが可能になります。

時間的ロスを減らす方法を考えたり、オペレーションそのものを見直したりすることで対策できます。

 

単純に割り算で出せますが

メニューごとの単価、メニュー利用率、サロンの稼働率を合わせてみていくと、より精度の高い数字が見ることができます。

 

私がサロンを開業する前、サロンのメニューなどを考えるとき、かなり重要視していました。

時間単価ぜひ考えてみてください。

 

 

今日も1日頑張っていきましょう!

 

 

 

 

田中 佑介

 

 

 

 

『期間限定・高単価優良顧客をWeb集客で自動化プログラム』

期間限定です!!

最新投稿
関連記事