再来店アップ

良いお客さんを増やす3つの質問

田中です。

 

美容室経営の花形と思われていたのは、駅前など人通りの多いところにお店を構え、たくさんのお客さんをバリバリこなすこと、と僕自身も思っていましたし、美容師になった20年くらい前は実際にそんな世の中だったと感じています。

これが今人口減少やオーバーストアによって集客自体が難しくなり、固定費の大きい立地エリアの撤退が増えています。

 

なのでこれからは集客力がないとお店の経営を維持していくのは非常に難しくなる、、、

 

ですが実は本当の問題は集客ではなくて、継続して再来店していないことだったりすることがほとんどです。これは穴の開いたバケツに水を注いでる状態ですね。

 

これだといくら集客できてもお客さんも売上も増えないわけです。

 

  • 最初から再来店しないお客さんが来ている
  • 提供している情報がミスマッチ
  • 再来店の対策をしていない
  • 技術・接客的な要素

 

再来店しないのはこのような要因があり、前回は過度な割引集客は問題ばかり増やすことをお話ししました。

 

 

集客は正しく実践することは重要です。

 

そのために効果的な3つの質問を紹介します。

 

 

  1. 誰に来てもらいたいか?
  2. 何のメニューを利用してもらうのか?
  3. どのように知ってもらうのか?

 

この質問に明確に答えていくことが正しい集客を実践することに繋がっていきます。

 

 

ただし、答え方には条件があります。

 

1と2の答えは

 

「とことん絞り込むこと」

 

です。

 

制限がないなら簡単ですけど、ちょっと難しくなりますよね。

 

 

理由はファミリーレストラン目指さないことです。

 

 

味噌ラーメンを食べたい

 

そう思ったとき、ファミレスを選ぶでしょうか?

僕なら絶対に味噌ラーメンのお店を探します。

そのほうが美味しそうだからです

 

 

ラーメン店は豚骨ラーメンや家系、塩ラーメンなど

味の違うお店がたくさんあります。

 

 

味噌ラーメン専門店なら

そこには味噌ラーメンを食べたい人しか来ませんし

ファミレスよりも美味しいはずと思いますよね。

 

 

絞り込むというのはそういう事で

「誰に」「何を」を絞り込むことは

お店をブランドすることにもつながっていくのです。

 

 

 

ここでの注意点は

人の少ないところを選ぶのではなく

人がたくさんいるところを選ぶことです。

 

特にメニュー選びでは

新しいものを導入したり流行りのものといったものは

選んではダメです。

 

 

導入には余計なコストもかかり

新し過ぎると知ってもらうこと自体が難しいですし

流行は一過性ですぐに終わるので継続しません。

 

 

基本的なカットやカラーなどの

すでに需要のあるメニューを選ぶのがポイントです。

 

 

単品よりも複合のほうが単価も取れるので

セットメニューがおススメです。

 

 

 

ここまで決まってきたら後は

実際にお客さんを呼ぶための

その情報を知ってもらう活動です。

 

 

誰に来てほしいかが明確になると

その人が日々どんなものから情報を得ているかも見えてきます。

 

 

そこにお店の情報を届け続けることで

来店数を増やすことができます。

 

 

重要なのはとにかく数を打つことです。

 

 

今は情報過多の時代ですので

1回届けたくらいじゃ残念ながら目にも止まりません。

 

 

あらゆる方向から何度も発信することです。

 

 

集客力のあるお店はシンプルに情報発信の量が多いのです。

 

 

誰に・何をが決まったら

あとはとにかく情報発信です。

 

 

シンプルに量を増やすなら投資が一番です。

 

 

人気の教材100スタート高利益転換プロジェクトも是非活用ください。

【お店の未来が変わる教材:初月100円で無理なく高利益サロンへの実践スタート】

〇新規集客マスターパック〇
集客力を底上げし、安定した新規客を増やします!
hairsalonlabo.com/mail/syukyakumaster

〇再来店対策マスターパック〇
お店の基盤はまず再来店対策から始めていきましょう!
hairsalonlabo.com/mail/repi-to

 

頑張っていきましょう(^^♪

 

 

それではまた!

 

会員制グループ美容室集客アカデミー・BSA

クリックすると詳細を確認いただけます。

最新投稿
関連記事