未分類

◇お客様は自分がいつ美容室に行けばよいか知らない◇

こんにちは。

美容サロン繁盛研究所の田中です。

 

今日はお店はお休みなのですが、奥さんのカラーリングをするため、先ほどまでお店に行っていました。

5歳の娘と2歳の息子は、この時ばかりはスマートフォンでゲームや動画を思う存分楽しめるので喜んで着いてきます。

先ほど娘が習い事のフラダンスに奥さんと出かけ、息子はお昼寝しています。

起きる前にこのメールを書き上げ、夕方から9月に行う合同セミナーの打ち合わせに新宿に行きます。

お休みなのに忙しい!!(笑)

 

でも楽しいです(^^♪

 

 

今日は、

お客様は自分がいつ美容室やサロンに行けばよいのかはわからないということ

をお話しします。

 

お客様がお店に来るべきタイミングというのは、実はお客様自身は知りません。

 

ですので来店するのは、何か悩みが起きたときです。

例えば

・白髪が気になってきたから
・前髪が目に入ってきてうっとうしいから
・パーマがとれてボリュームが出なくなったから

わかりやすいところでこのようなことがあります。

 

何かしらのストレスを感じたとき

「そろそろ行かなきゃ」

と思い、予約を入れるのです。

 

普通のことですよね?

 

ではこれが私たち施術する側はどうでしょうか?

 

・このお客様は大体1か月で染めないとキレイを保てない
・この前髪の長さは大体1か月で目に入る
・このパーマでスタイルを保てるの1か月半くらい

 

このように、いつ頃その悩みが起こるかは予測できていませんか?

 

 

実はこのことをお客様に教えてあげるだけで、適切なタイミングで来店してもらえるようになります。

来店周期も早くなります。

すると年間の来店回数が増え、一人あたりから得られる売上が増えます。

 

 

お客様が

「そろそろ行かなきゃ」

と思うタイミングというのは、実は適切な来店よりも遅いのです。

 

 

ストレスになる前に来店し、綺麗にしたほうが毎日を快適に過ごせます。

 

でもそれをわかっていながらも、お客さんの来店のタイミングが当たり前としている施術者も多いです。

 

 

ポップを活用したり、メールやはがきDMでお知らせするのも良いですし、次回の予約をその場で取ってもらうのも良いと思います。

 

信頼関係も増しますので売り上げは上がっていきますよ。
しかも特に大きな経費も必要としませんので、利益も増えます。

 

ぜひお客様に教えてあげてください。

 

うちの奥さんも3週間で染めると決まっています。
私が染めるんですけどね。(笑)

 

それではまた!

 

田中 佑介

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
田中佑介メールマガジン
発行元:株式会社美容サロン繁盛研究所

 

田中佑介フェイスブック  →  私友達少ないので申請してくださーい(笑)
www.facebook.com/profile.php?id=100015790958577

美容サロン繁盛研究所フェイスブックページ
www.facebook.com/美容サロン繁盛研究所-1231396513641238/

 

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
[[changeurl]]

購読停止は次のURLをクリックしてください。
[[cancelurl]]

 

・・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
株式会社美容サロン繁盛研究所

神奈川県川崎市麻生区栗平1-4-26-B101
HP: salonhanjolabo.com/
E-mail: salonhanjolabo@gmail.com

『期間限定・高単価優良顧客をWeb集客で自動化プログラム』

期間限定です!!

最新投稿
関連記事