再来店アップ

繁忙月の売上を最大化しよう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
仕組みと集客で利益重視の美容室経営
1店舗が6か月で売上135万円アップ
好きな時に休める美容師ライフ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おはようございます!
繁盛店研究所の田中です。

桜も咲き始めていよいよ春らしくなってきました。
花粉が辛い今日この頃です涙

3月は繁忙期です。

お店の成長を加速させるのに
最も効果的なのが
この繁忙期の売上を最大化することです。

販促やキャンペーンなども
繁忙期めがけて計画し
実践をすると良い反応が取れます。

このときに

繁忙期は何もしなくても忙しい
閑散期の売り上げ減をどうにかしたい

そんなことを思うかもしれません。

でもその閑散期の問題を解決するのも
やっぱり繁忙期にあります。

繁忙期は販促の反応が取りやすいので
このチャンスに客数を増やすわけです。

そうすると全体の顧客数が増えますから
再来店対策をしっかり取って多くことで
必然的に閑散期の売り上げも増えるわけですね。

いっぽうで閑散期というのは
販促の反応も繁忙期ほど良くないものです。

もちろん販促をしっかりやるんですけど
この閑散期の売上最大化しようと
販促のボリュームを増やしても
そもそも反応が悪いかもしれないので
コストパフォーマンスが悪い可能性があります。

逆にそんなときは
販促のボリュームを抑え
効率の良い投資を目指す方が利益が増えたりします。

人って安定を好み変化を嫌います。
ですから良いも悪いも
ついついいつものパターンを
決めてしまいたがります。

その方が考えなくて良いから楽なんですよね。

慣れた車の方が運転しやすい
そんな感じです。

でも車でもどこかに向かうときって
ずっと一定のスピードで走って
向かうことはありませんよね?

高速に乗ったり渋滞があったりと
その時に合わせて速度を変えて運転するはずです。

経営も同じでお店のその時の状況や
季節変動、時代の流れに合わせて
販促や戦略も対策し
常に最大の成果を目指さないといけません。

実践をパターン化してしまうことは
その流れについていくことができず
ズルズルと衰退していくことにもつながりかねません。

だから常に先を見て前進です。

今が3月です。

次の繁忙期は6月の梅雨時期
今からその6月の売上を最大化する準備を始めていきましょう。

「でも何をやれば良いのかわからないんだよね・・・」

そんなあなたのために今日は一点お知らせです。

4月16日火曜日に
あなたのお店の売り上げを増やすために
何をどの順番で実践するか
販促実践を私に相談できる
完全マンツーマンの相談会を実施します。

詳しくはこちら

hairsalonlabo.com/hansoku-torenavi

この企画は数日後からの公開予定ですが
メールマガジン読者の方にだけ
今日から先行のご案内になります。

というのも開催が4月16日だけで
時間の関係上受付も5・6人が限界です。

ですので日ごろから
私のメールマガジンを読んでくださっている
読者の方にはその枠を確実に取ってもらいたくて
優先のご案内を開始することにしました。

一般の公開は5日後くらいからの予定です。
枠が埋まってしまう可能性も高いです。

もし何かを変えたいと本気で思っているのであれば
この機会を活かしてくださいね。

hairsalonlabo.com/hansoku-torenavi

あなたからのご応募をお待ちしています。

それでは今日も1日頑張っていきましょう!

田中 佑介

『期間限定・高単価優良顧客をWeb集客で自動化プログラム』

期間限定です!!

最新投稿
関連記事