スタッフ教育・コミュニケーション

今働く美容師が一番求めているものは○○

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
単価12000円越えの集客で
一人当たり売上80万円越えの
高収益美容室構築法を学ぶメールマガジン
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
おはようございます!
繁盛店研究所の田中です(^^♪

昨日はジムに行き
溜まっていた事務仕事を
事務所で片付けていました。

月初は事務仕事が多いのです。

しかも法人成りした際に
税理士さんが個人事業の廃業届を提出し忘れていたことが
2年経とうとしている今発覚したとによる
いろんな手続きと
引っ越しやらやらと
出向で来ていたスタッフから
正式に移籍入店の希望があったため
鬼のような量の事務仕事に追われています(笑)

しかもスタッフには任せられないことばかり。

区役所・税務署・銀行に行ったり来たりです。

全部最寄りの新百合丘に
そろってくれているのがせめてもの救い・・・。

サッサとやっつけてスッキリしたいと思います!

ーーー今日のお話ーーーーーー
今働く美容師が一番求めているものは○○
ーーーーーーーーーーーーーー
仕事柄、美容室の経営者の方と
お話させていただくことが多いですが
スタッフさんのことでダントツで多いのは

「最近の子はよくわからない」

というものです。

私もそう思います笑

でもこれっていつの時代にもあることなので
今が特別ということでもないですよね。

今日お話することは
統計とかそういったデータに基づくことではありません。

私のこれまでの経験と
日々たくさんの方とのお話の中で
感じていることとして
聞いていただきたいと思います。

・・・が、多分正しい見解です。

ここでいう

「最近の子」

とは今の私たちより若い世代の美容師さんです。

今私は39歳ですが
33歳くらいまでは
美容師の働く価値観におおよそズレが無い
同世代といって良いように感じています。

自分の感覚と違うな
なんか変わってきたな
と思うのが20代後半から30歳前後の世代です。

その人がおかしいとか
それがいけないとか
そういったことではなくて
向き合い方・考え方が明らかに変わってきたのがこのあたりです。

それより下の世代はさらに変わってきています。

「営業後の練習には残業代は出るんですか?」

みたいなことも普通に聞いてきた
なんて話も聞きました笑

これはその原因を知ったところで
何の解決にもなりませんし

これからの店舗経営において
スタッフの雇用を考えているのであれば
そういった世代の美容師の人に
長く働いてもらうためのことを
考えていくことが必要になってきます。

これだけ世代も考え方も違ってきているのに
一体何をすればよいのかわからない・・・

10歳違えば外国人
20歳違えば宇宙人

これメチャクチャ当たってませんか?笑

私のお店の最年長のスタッフは
私との年の差9歳です。

私からしたら外国人
そのスタッフからしたら私も外国人

外国人ならまだかろうじてコミュニケーションが取れます。

でも20歳下の子は宇宙人
私も宇宙人
もはやお互い何語を喋っているのかすら
わからないわけですよ笑笑

でもその9歳年下の最年長スタッフからしたら
私にとって20歳年下世代の宇宙人も
10歳年下世代なので外国人
まだ私より距離が近い

先日そんなスタッフみんなとのお店での食事会で
話しを聴いていて
外国人美容師も宇宙人美容師も
絶対に求めている共通点がはっきりわかりました。

なんだかわかりますか??

『休日』

です。

美容師は休みが少ない

そんなの知っていましたし
これを当たり前として
私は美容師になりました。

だから実際にそういった環境でも
ストレスは感じませんでした。

むしろ休みなんていらない
と思っていたくらいです笑

あなたもきっとそうではないでしょうか?

でも今の子たちは
休日に講習に行くとか
練習をするとかは
休日ではないと考えます。

どんなに仕事にやりがいを感じていても
どんなに美容師を好きでも

休日は休日

なんですね。
特に女性はその傾向が強いです。

ママさん世代になると
給料よりも休日のほうを重要視しています。

私のお店は私以外が女性です。
なので間違いありません。

ここに私たち経営者にチャンスがあります。

休日を決めるのは私たち経営者だからです。

しっかりとした休日を取れるように
制度を敷けばよいのです。

そして休日を取ってもらう
それが結果的に離職を減らしますし
仕事のパフォーマンスも向上し売上も上がります。

求人にだって魅力的として打ち出せます。

なのでスタッフに休日をとらせてあげましょう!

ではありません。

まずあなたが休日を取ってください。

あなたが休まないのに
スタッフが喜んで休日を取れないです。

あなたが休みを取れることで

「任せてもらえてる」
「オーナーがいなくても大丈夫なんだ!」

とスタッフが成長します。
しかも劇的に成長します。

私もまだ私とスタッフ一人しかいないのに
一日そのスタッフに一人だけにお店を任せました。

その最初の日は

「お前一体何言ってんの??」

みたいな感じだったんですけど
今では

「一人で営業が一番楽です♪」

と言っています笑

ちなみに1日2日好きなように休んでも
売上には大きな影響はでないので大丈夫ですよ。

もしすぐにが難しいようであれば
2か月後でよいので休みを決めて
売上に影響を出さないように今から対策していきましょう。

休めるようになってから休むのではなく
休むから休めるようになるんです。

あなたならできます。
応援しています!

田中佑介

ーーーお知らせーーーーーーーーーーーーーーー
募集を終了していた
高収益美容室構築プロジェクト
事前動画面談ですが
2名のみ受け付けています。

この機会に私にご相談下さい。

hairsalonlabo.com/kousyuuekikaproject

定員になり次第終了になりますので
迷っているのであればお早めにお申込み下さい。