チラシ集客

売上が伸び悩む美容室経営者が陥る間違った3つの思い込み

おはようございます!田中です(^^♪

今日まで娘のユナパンは
インフルエンザで学校をお休みです。

聞けばなんとクラスで第一号が
ユナパンだったそうです。

私のお店のスタッフは幸い
今年は誰も感染せずにここまで来ていますので
私が第一号にならないように
気を付けなきゃです。

さて1月も中盤ですね。

調子はいかがですか?

今日も頑張っていきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
美容室が高収益化する集客を学べる会員制グループ
美容室集客アカデミー・BSAが
初月500円で参加できます。

hairsalonlabo.com/mail/bsa500/

1月20日のBSAセミナーは
『高額優良顧客を獲得する次世代型チラシ集客法』です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーきょうのお話ーーーーーーーーー
売上が伸び悩む美容室経営者が陥る間違った3つの思い込み
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私の美容室経営者としてのデビューは

開業初月の売上は20万円
半年間給料0円
0円どころかマイナス

そんな悪夢のような生活は
小さなきっかけを転機に
少しずつわかりやすく幸せな生活に
変わっていきました。

そのきっかけとは
売上が伸び悩む美容室が陥る
3つの間違った思い込みです。

それを辞めることで活路が見えてきます。

ひとつずつお話していきますので
じっくり体に落とし込んでいってほしいと思います。

まず今日は1つ目

【間違った思い込みその1、技術・サービスを向上させればお客さんは来てくれる】

です。

技術さえ良ければ来てくれる。

一度来てもらえれば
良さをわかってもらえるので
再来店してくれる。

あそこのお店(人)は上手だし
サービスも良いという
口コミが広がるのでお客さんが増える。
だから売上だって増える。

美容師ですからそう思いたいものですよね。

私もあなたと同じ現場に立つ美容師です。

技術を向上させることが
お客さんの満足度を高め
その結果売上も増えていくと信じていました。

だから技術の追求することは
結果的に売上に繋がるものと
それが当たり前のことだと思っていました。

でも、その結果が
これまでお話してきた
私の辛い開業時の経験に繋がっています。

残念ながら間違いだということを
認めざるを得ないのは
私自身が自分の経験を通して言えることでもあります。

もちろん
技術・サービスの向上のために頑張ることを悪いとは言いません。

でも、そもそも
まだお店に来たことが無いお客さんは
技術・サービスを体験したことが無いわけなので
その良さはわかりえないわけです。

私の場合特にそうでしたが
新規開業時は口コミしてくれるような
既存のお客さんすらいなかったのです。

行ったことが無いお店の良さなんて
人に伝えられるわけがありませんよね。

そして大事なのは
お客さんは高い技術力や質の良いサービスを
求めているのではないということです。

もし仮にも
そういった良い技術を目的に来店してきた人というのは
常に新しい情報を求めているものなので
ほぼ100%次の来店は無いと思ってもらって良いです。

でも私たち美容師は
お客さんに来てもらうために
技術の良さ商品・サービスの良さを
綺麗で美しい仕上がりを頑張って発信し

お客さんにもう一度来てもらいたいから
その技術・商品そのものの良さを
お店で一生懸命に話しています。

残念ながらお客さんその良さは理解できないですし
求めているのことが技術や商品の良さではないので
それをいくら伝えたところで
再来店する理由にはならないんです。

お客さんが美容師・美容室に求めることは
技術・商品・サービスのよさじゃないということと

私たち美容師が
技術・商品・サービスが良いことが
お客さんが求めていると思い込んでいること

ここがミスマッチしています。

そして結果が出ないことに対して

「お客さんが来ないのは、技術力・接客サービスが足りないからだ」

と技術向上により一層励んでしまったり
新商品や新サービスを導入してしまうことが
本当によくあります。
(技術や商品・サービスが悪いのはもちろんダメですよ。)

その結果は売上は変わらないどころか
かえって経費ばかりが増えて
経営状態を悪化させてしまうことになります。

何でこのような間違った思い込みが根付いてしまうのか?

それはまず
私たち美容師は職人気質で真面目な人が多いからです。(私も含めて笑)

お客さんが私たちに

「○○さん上手だから」

という言葉があります。
真面目だからこれを真に受けてしまうからです

いや、受け止めたいでしょ・・・
お客さんが嘘つかないでしょ・・・

そう思うかもしれません。
いいんですよ、受け止めて。

でも何度も言いましたが
お客さんは技術の良さはわかりません。

これは

「私にとって上手」

という意味です。
技術を褒めているのではないことはわかってください。

そのまま素直に喜んでしまうから
間違った思い込みが根付いてしまうんです。

そして
美容室も少ないころ人口が増加していたころは
集客なんてしなくても
お店がそこにあればお客さんが来てくれた
時代があるのも大きな要因です。

インターネットもなかった頃なので
お客さんも情報減は口コミがほとんどでした。

他に行くお店も少ないので
一度来店したら再来店の確立も高い状況が
最初か成り立っていたわけですね

だからお客さんが理解しようとしないまま
技術サービスを磨いていれば良かったんです。

そうした業界の問題もあります

それで成り立っていたうちは良かったですが
もう時代が違います。

このことに気がついたことは
私にとって非常に大きな変化を
もたらしてくれたのと
美容師としてお客さんに向き合ううえで
非常に良かったことと思っています。

技術サービスが良ければお客さんが来てくれる
というのは思い込みですので気を付けてくださいね。

次回は
売上が伸び悩む美容室が陥る間違った思い込み
「その2」をお話していきます(^^♪

それではまた!

田中 佑介

1月20日のBSAセミナーは
『高額優良顧客を獲得する次世代型チラシ集客法』です。

お客さんがあなたのお店に行きたいと思う
伝え方の極意もお話します。

チラシ実践で成果を出す方法を
まだ読んでいない
読んだけど忘れてしまった

そんなあなたは
下から読めますので読んでくださいね

『ビビりの私が高単価集客に踏み切れた数字の理由』
hairsalonlabo.com/archives/11810

『チラシは本気でやらなきゃ損!チラシ集客をやったほうが良い7つの理由』
hairsalonlabo.com/archives/11813

『高単価集客を実現する次世代型チラシ』
hairsalonlabo.com/archives/11817

『チラシが集客できないという都市伝説』
hairsalonlabo.com/archives/11824

『知らないと絶対にまずい!お客さんが抱える究極的な髪の悩みとは?』
hairsalonlabo.com/archives/11830

『集客の成功率を上げる3つの○○とたった一つの●●』
hairsalonlabo.com/archives/11833

『照準は大きなところ多いところに合わせよう!』
hairsalonlabo.com/archives/11835

『買いたくても買えない理由』
hairsalonlabo.com/archives/11837

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高収益化する集客を学べる会員制グループ
美容室集客アカデミー・BSAが
初月500円で参加できます。

hairsalonlabo.com/mail/bsa500/

1月20日のBSAセミナーは
『高額優良顧客を獲得する次世代型チラシ集客法』です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『期間限定・高単価優良顧客をWeb集客で自動化プログラム』

期間限定です!!

最新投稿
関連記事